皆さんオンラインカジノは楽しんでいますか?一般的にオンラインカジノに関する記事を読んでいるとRTP(ペイアウト率・控除率)の高いカジノゲームをプレイすることが大切だという記事をよく目にします。

 

これはもちろん1回のベットに対して50パーセントのリターンがあるよりは97パーセントのリターンがあったほうがお得なことは明らかで、特に宝くじなどに比べてビデオスロットはRTPが高いためおすすめされる傾向にあります。しかしここにRTPが高いのひとことに隠された罠があります。

 

RTPというのはそもそも定義上1回のベットで使用した額に対する期待リターンを%で表した数字です。そのためビデオスロットは1回のベットがすぐ終わってしまい、何度もベットをするため思っていた以上に利益を稼ぐのが難しく、早く残高をなくしてしまいます。RTPは理論上以下のように働きます。

 

ゲームのRTPが97パーセントだった場合には10000円のベットは1回目に帰ってくる期待リターンは0.97倍の9700円です。これは9700円という値が返ってくるというわけではありませんが、20000円になって帰ってくる人や0円になってしまう人などすべてのパターンを考慮した平均が9700円ということです。10000円のベットをし続けると毎回300円を失う計算になってしまいますから、早いペースでオンラインカジノをプレイすればするほど損失が大きくなる可能性が大きいということです。

 

そのためオンラインカジノ、特にインターネットビデオスロットでプレイする場合は利益が出た場合は早めに切り替えることをお勧めします。またRTPが低いといっただけで毛嫌いするわけでなく、1回のベットにかかる時間や、ゲームが作戦に依存するのか運に依存するのかなどを考慮するとよいかもしれません。

 

オンラインカジノは趣味の範囲で楽しむことが一番でしょう。決して経済的にも精神的にも無理せずプレイするようお願いします。